翌日に響かせないお酒の飲み方

ついつい飲み過ぎる…二日酔いを防止するには?

飲み会の席って、ついつい楽しくてお酒を飲み過ぎちゃうものなんですよね。

ですが、気が付いたらトイレにいた…とか、とても気分が悪くなってしまって後悔したという人も少なくないでしょう。

こうした飲み方は、気分が悪くなってしまったり後悔してしまうことはもちろん、周りの人にも心配や迷惑をかけてしまうという場合もあります。

また、次の日に予定があったり仕事だったりという場合には、二日酔いになっている場合ではありませんよね。

では、お酒を飲む機会があっても二日酔いにならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

お酒の席では水分不足!うまくアルコールが分解されない

そもそもなぜ二日酔いが起こってしまうかということなのですが、アルコールを摂り過ぎるからだとよく聞きますよね。

それはちょっと違うんです。

アルコールというのはすぐ分解されて終わり…ではなく、アルコール・アセトアルデヒド・酢酸・水&二酸化炭素という順番でどんどん分解されていきます。

そのうちのアセトアルデヒドは毒性が強いもので、これが二日酔いの原因だと言われています。

お酒をたくさん飲んでも二日酔いしにくいという方は、アセトアルデヒドを分解する力が高いということでしょう。

さて、アルコールを体の中で分解するときというのは、たくさんのエネルギー、そして水分が必要とされています。

よくお酒を飲むときには水分補給をしましょうとは言われますが、これはそのためなのですね。

でも、実際にお酒の席で「お酒を飲んでるから大丈夫」と言って、ノンアルコールや水など水分を摂らない人がいます。

お酒=アルコールなので、水分を摂っているとは言っても実は水分不足になっているということなのをお忘れなく。

アルコールを分解するには水分が必要ですから、チェイサーやソフトドリンクなどをこまめに飲むようにしましょう。

お酒を飲む前はすきっ腹を避けて!ゆっくり自分のペースで飲もう

二日酔いにならないためにどうしたら良いか。

それは、まずお酒を飲む前に何か食べておくことから始めます。

すきっ腹の状態でお酒を飲むと、胃を通り越して腸でアルコールが吸収されてしまいますから、お酒を飲んですぐ肝臓の分解能力をスタートさせなければなりません。

急に分解する能力を発動させると肝臓にも負担がかかってしまいますし、その後しばらく飲み続けていると延々とアルコールを分解しなければなりませんから、二日酔いになりやすくなってしまうというわけなんです。

軽くでも良いので、先にご飯や何かをお腹におれておくと、胃でアルコールがとどまって消化・吸収が穏やかになりますので試してみてください。

また、肝臓を急発進させないようにするというのが大きなポイント。

つまり一気飲みはもちろんNGですし、自分のペースでお酒を飲むというのが一番なんです。