二日酔い改善方法

飲み会の次の日、二日酔いで動けない経験はありますか?

お酒を飲んだ次の日…

目が覚めたら頭がぐらぐらする、頭が痛い、気持ち悪くてむかむかする…そういった経験ってありませんか?

これはいわゆる「二日酔い」で、それでも仕事に行かなくてはならなかったり、何か用事があったりというときには本当にキツイものですよね。

もちろん二日酔いにならないような飲み方ができればもっとも良いのですが、そうは言ってられないというときもありますよね。

では、できるだけ早く二日酔いを治して復活するためには何か方法があるのでしょうか?

とにかくアルコールを出す!水分補給をしっかりと

二日酔いを治すには、二日酔いの原因である「アルコール」をとにかく体の外に出すことが大切です。

体の疲れなどと違って、アルコールという毒性のある物質が体の中にある以上、これを出してしまわないと気分の悪さは改善されません。

もちろん体の中でもアルコールの分解が進んでいると思いますが、二日酔いになっているということはその作業がおいついていない…という状態。

ですから、まずは水分をしっかりと摂ってトイレに行くことです。

尿からしっかりアルコールを出すことができますので、積極的にお茶やスポーツドリンクなどを飲んでアルコールを外に出すようにしましょう。

また、むかむかする…吐き気がするという場合には、レモンやグレープフルーツなど柑橘系の炭酸飲料を飲むとスッキリしやすいということです。

頭痛には市販薬を飲んでもOK!

二日酔いでよくあるのが頭痛ですが、これは体にとって毒であるアセトアルデヒド(アルコールが分解されたもの)の濃度を薄めようとして、血管がたくさんの酸素を取り込もうとするために起こると言われています。

ですから、どうしても頭痛をすぐに治したいという場合には、一般的な頭痛薬を飲んでもOK。

一般的な血管拡張型の頭痛に効果的な市販薬は、二日酔いのときの頭痛にも効果的だと言われているからです。

また、利尿作用のあるコーヒーやスイカやバナナといったものを食べるのも良いでしょう。